ダイエット効果が高い美容整形での施術法|十分にサイズダウン

脂肪を取ってサイズダウン

カウンセリング

沢山ある痩身術

どんなにダイエットをしても痩せにくいという人や、ダイエットに成功しても体重キープができないという人でも、脂肪吸引をすれば簡単に痩せれて体重を維持できます。脂肪吸引は美容整形のひとつで、一回の手術で希望に近い体重まで減量できます。最初に全身麻酔か局所麻酔をしてから、細い吸引管を脂肪組織に挿入し、脂肪細胞を丁寧に吸引していきます。脂肪をきれいに取るには、熟練の技術とセンスがいります。そのため、経験豊かな医師に執刀してもらうことが大切です。脂肪吸引をすると急激に体型が変化するので、回復するまでに時間がかかります。また、腫れやむくみを抑えるために、サポーターやガードルなどの圧迫装具を着用し、さらに脂肪が固まるのを防ぐために毎日マッサージもする必要があります。なるべく普段の生活を維持しながら脂肪を取りたい、面倒なアフターケアはしたくないという人には、メソセラピー、カーボメッド、キャビテーションなどの痩身トリートメント系の整形がお勧めです。メソセラピーやカーボメッドは、注入式のダイエット法です。メソセラピーでは脂肪細胞を分解する薬液を注入します。カーボメッドは炭酸ガスを注入してガスの力で代謝を上げ、脂肪細胞を分解する施術です。キャビテーションは脂肪細胞と脂肪細胞の間に空洞を作り、気泡の力で脂肪細胞を破裂して分解するマシンです。これらのトリートメント系の美容整形は脂肪吸引よりも効果が劣りますが、身体への負担が少なく、いつも通りの日常生活を続けながら受けられます。

脂肪吸引の種類

美容整形の脂肪吸引は、ベーシックな手術から最新の手術まで、沢山の種類があります。最も普及しているのが、チューメセントを使って行う脂肪吸引です。美容業界では「チューメセント法」と言い、止血剤や麻酔液などを混ぜた生理食塩水を脂肪組織に注入します。そうすることで脂肪細胞がふやけた状態になり、吸引率が上がります。普通の脂肪吸引の場合、ほとんどのクリニックでチューメセント法を採用しています。「ボティジェット脂肪吸引」では、ジェット水流の水圧で脂肪細胞を引きはがしながら脂肪吸引をします。水流には脂肪を溶解する薬液に、止血剤や麻酔液などが含まれています。チューメセント法よりも出血や痛みが少なく、むらなく狙った脂肪細胞が取れます。最新の脂肪吸引には「ベイザーリポ」や「ウルトラゼット」などがあります。ベイザーリポもウルトラゼットも超音波エネルギーを使って脂肪細胞を溶解し、吸引しやすくするマシンです。カニューレの先から超音波が出るようになっていて、脂肪細胞が乳化して血管や神経を傷つけないで吸い取ることができます。最も新しいベイザーリポでは、90%以上の脂肪細胞を吸引できます。また、チューメセント法では難しかった表皮に近い層にある脂肪細胞もきれいに取れるというメリットがあります。また、ダイエットしても取ることが難しいセルライト脂肪も取れます。回復が早くアフターケアが比較的楽で、執刀する医師の技量やセンスにあまり左右されずにきれいに仕上がるのも魅力です。