ダイエット効果が高い美容整形での施術法|十分にサイズダウン

人気があるプチ痩身

ウエスト

メスを使わない安心感

健康的にも美容的にもダイエットは効果があります。これまでにも様々なダイエット法がブームになっていますが、基本的には食事の量と運動量を増やすことで肥満を防止することができます。ところがいくらダイエットしても脂肪を減らせない部位があります。それが下腹部、太股、ヒップなどです。美容整形ではそのような部位の脂肪を取ることでダイエット効果をより上げることができます。プチ整形が人気になったように、プチ痩身という方法が人気になっています。これはメスを使わずに部分的に脂肪を除去できる方法です。例えばお腹をへこませたいとか、太股をスッキリさせたい、二の腕を細くしないなどの希望を叶えることができます。人気の理由はメスを使わないので安心感があるということと、注射療法なので簡単に短時間に施術できるということ、さらに低料金で即効性があるなどのメリットがあるからです。例えばお腹の脂肪を減らす方法として、脂肪吸引法があります。これは吸引器具を挿入してダイレクトに余分な脂肪を吸い取ってしまう方法で、即効性があります。吸引器具を挿入するために皮膚を切開する必要がありますが、シワなどに沿って行うので傷を目立たなくする方法がとられます。別の脂肪吸引法として皮膚を切開しない方法もあります。これは注射によって脂肪を溶解させる薬液を注入する方法です。これは余分な脂肪を溶かして体外へ排出させるので皮膚を傷付ける心配がないのです。このような脂肪吸引法ではダイエットで減らせない部位の脂肪を除去できるので人気があります。

脂肪を除去する施術法

プチ痩身にはその他にも部位によって色々な治療法がありますが、どの方法もメスを使わないで脂肪を除去できる施術が行われます。例えば学生時代に運動をやっていると自然にふくらはぎが太くなってしまいます。水着になったり、社会人になってスカートをはいたりするとふくらはぎの太さは目立ちます。そのような場合の整形法として、ボツリヌストキシン注入という方法があります。これはボツリヌストキシンという治療薬をふくらはぎに注射するだけでほっそりできるのです。処置時間は5分から10分程度で、低料金で施術が可能です。ふくらはぎと同様に太股も通常のダイエットでは脂肪を減らせないので、この注入療法で効果を上げることができます。ダイエットでウェスト部分にくびれを作る場合は、かなりハードなストレッチを続ける必要があります。しかし美容整形では超音波によって体脂肪を除去できるマシンを使って、簡単にウェストを細くすることができます。無害の超音波を治療部位に当てることによって脂肪細胞を破壊するので、辛いストレッチをしなくてもウェストにくびれを作ることができます。女性にとって体型が変化するきっかけとなるのが妊娠です。出産後のケアをしっかりやっておかないと、ダイエットが必要な体型になってしまいます。美容整形では出産後のケアを集中的に行うことができます。例えばお腹のたるみや肉割れや妊娠線などをケアすることで、出産前の体型にいち早く戻すことができます。このように美容整形にはダイエットに関する様々な治療法が用意されているので、目的に合わせた方法を選ぶことで簡単にダイエット効果が得られます。